結婚式スピーチを本番で失敗したくない

結婚式スピーチの本や例文集、関連サイトなどがこれだけたくさん存在する理由は、
本番で失敗したくないから!
ということにつきます。

任された使命をしっかりとこなして「いいところを見せたい」のです。
しかし人間と言うのは面白いもので、失敗したくないと思えば思うほど失敗してしまう....

最近では出来ちゃった婚が実に多くなっています。
その比率たるや、結婚する全カップルのうち3分の1。3組に1組は結婚式をしている時、すでに新婦のお腹には赤ちゃんが宿っていることになります。これだけ出来ちゃった婚が多くなると市民権を得た感もありますが、それでもご年配の方からは理解が得られないことも多く、依然タブー視されることもあります。あるカップルが出来ちゃった婚をすることになりましたが、新婦の親族には厳格な方が多く、まだその事実が明かされていなかったそうです。結婚式スピーチを頼まれた新婦の勤務先上司。普段から可愛がってきた部下の晴れ舞台ですから素晴らしいスピーチで花嫁を立派に送り出してやろうと意気込んでいました。その上司は出来ちゃった婚であることは知っていたのですが、スピーチではそれには絶対に触れないで欲しいと依頼され、結局それには触れずに立派なスピーチを組み立てました。スピーチは上々にまとまり、場内は盛り上がっているのかと思いきや、新婦側の親族は顔を真っ赤にして怒っているではありませんか。他の列席者からも「へぇ~そうなの」という囁き声も聞こえます。おかしいなと思った彼が「俺何か変なこと言ったか?」と新郎・新婦に尋ねると、何と彼はスピーチで「新婦」というべきところを全て「妊婦」と言っていたそうです。

最近では小道具を使ったスピーチをする人が多く見られます。思い出の写真などをプロジェクターで映写しながら話していくというのも、うまくいくと面白いので採用される人が多いようです。確かに面白いですね、うまくいけば。

プロジェクターを使ったスピーチでよくある失敗が、「映写がうまくいかない」ことです。
このような小道具を使ったスピーチは小道具がちゃんと機能して初めて成り立つものなので、プロジェクターに接続したパソコンがうまく動作しないために冷や汗をかいて慌てているシーンがよく見られます。結婚式場からのアドバイスとしては、このような場合は出来るだけ簡単な設備で出来るものにしたほうが初歩的なトラブルのリスクが少ないそうです。例えばパソコンで表示するのではなく、ビデオテープに録画して再生する、などです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 結婚式スピーチを本番で失敗したくない

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://wedding-speech.infoippo.com/mt41/mt-tb.cgi/475

コメントする

カスタム検索


このブログ記事について

このページは、 ippoが2008年2月28日 10:25 に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結婚式スピーチの話し始め」です。

次のブログ記事は「友人として結婚式のスピーチを頼まれた場合」です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。