結婚式のスピーチの最近のブログ記事



結婚式のスピーチでの多少の悪ふざけやウケ狙い

結婚式はお祝い事なので、多少の悪ふざけやウケ狙いはアリと思います。

新郎の友人となると笑いを期待されていることのほうが多いと思います。
面白いスピーチの基本は、芸人言葉で言うと新婚夫婦を「いじる」ことです。

「いじる」というのは新郎または新婦(新郎の友人であれば主に新郎)に何か言葉を投げかけて、その反応を見るということです。その場合、新郎に関する失敗談や、新婦に猛アタックをかけている時のエピソードなどが同じく芸人言葉で言うと「オイシイ」ということになります。

これは実際に聞いたある結婚式でのスピーチです。新郎とは学生時代の友人という男性が登場し、軽妙な口調でスピーチをしていました。それによると、新郎は大の遅刻常習犯だそうです。大学の授業に遅れるのは当たり前、友人たちとの飲み会などにも時間通り来たことがないということでした。そんな新郎が唯一時間通りにやって来た場所があります、それはどこだと思いますかと新郎に直接尋ねます。新郎は心当たりが無いので分からないと答えました。正解はこの結婚式にだけは時間通りやって来たということでした。それだけ新婦の○○さんとの結婚を大事にしているということなのでしょう、末永くお幸せに...という具合です。

もっと過激なものもありました。これも実際にある結婚式で見た友人のスピーチです。男性2人でのスピーチだったのですが、スピーチというよりほとんどコント。早い話が二人の馴れ初めをコント仕立てにして紹介すると言ったもので、馴れ初めを知らない出席者にとっては興味深いことですし、片方の"新婦役"を演じていた友人はご丁寧に新婦とよく似た髪型のカツラをかぶる徹底ぶりです。ほとんどコントなので場内は笑いの渦と化して大変面白いスピーチ(?)だったのですが、遂に友達から恋人になった日のシーンになるや、キスシーンだけは本物に任せようという仕掛けでした。新郎・新婦もそれは聞かされていなかったようで驚いている様子でしたが、そこはめでたくラストシーンを締めくくってスピーチは終了。年配の出席者などは不愉快な人も居るのではと心配になりましたが、大変面白かったとご満悦でした。

これら2つのケースは、どちらも新郎と友人との人間関係が完全に出来上がっているからこそ出来ることです。

付き合いの長い友人だからこそシャレが通じるわけですし、友人もどこまでやって良いのかという勘所をわきまえています。ひとつ間違うとただの悪口になってしまうことでもあるので、普段からの人間関係が物を言いますね。



目上の立場として結婚式スピーチ

あなたが新郎・新婦のどちらか若しくは両方の上司や目上に当たる人だとします。

そんな立場で招待され、結婚式スピーチを頼まれたということは、あなたは主賓です。

スピーチの順序や取扱いも全てにおいて、最も位の高いポジションでのスピーチを
することになります。

職場恋愛でゴールインしたカップルの結婚式で、あなたがその職場のボスだったとすると、
新郎・新婦両方についてある程度の情報はあるでしょう。
その場合は二人の馴れ初めや仕事ぶり、生活ぶりについての話をしても面白みがあると思います。ですが、主賓として招待されている人の場合はそうでない場合も多いですね。つまり新郎・新婦についての情報をそれほど持ち合わせいないということです。

そんな場合でもスピーチの内容に困る必要はありません。あなたは人生の先輩なのですから、すでに長い期間にわたって結婚生活を送ってきた先輩として、またそれだけではなく社会人の、そして人生の先輩としてのアドバイスをしてあげることに重点を置いてください。結婚生活には色々な出来事があります。楽しいことばかりではありませんから、そういった局面がおとずれた際に二人でどうやって乗り切っていくのか、実際に体験した人の話は迫力があります。あまりネガティヴな話は良くないですが、ある程度逆境になった際の話でも良いと思います。

目上の立場として結婚式スピーチに臨む人がおそらく一番多いので、結婚式スピーチの文例集などを見ても、このような立場の人が話すことを想定しているものが一番多いように思います。目上の立場ということもあって、普段から友達付き合いをしていることは少なく、友人の立場から話すような笑いを誘う話はあまり無いと思います。それでいいのです。
お笑い芸人ではないのですから、何も結婚式スピーチで必ずしも笑いを取る必要はありません。友人代表などの人がスピーチをする際には変装をしたり替え歌を歌ったり、ショートコントのようなお芝居をして笑いを取るシーンをよく目にします。こういうことは同年代の友人たちに任せておけば良いのです。

主賓のスピーチなんて形式的なものだから、ちゃんと聞いている人なんてほとんど居ない、というくらいに思っておいたほうが、気が楽になっていいかも知れませんね。

その場所まで駆けつけて結婚式スピーチまでやったのですから、新郎・新婦だけでなく親族などの関係者はそれだけでも充分喜んでくれているはずですし、感謝されているはずです。



結婚式スピーチを本番で失敗したくない

結婚式スピーチの本や例文集、関連サイトなどがこれだけたくさん存在する理由は、
本番で失敗したくないから!
ということにつきます。

任された使命をしっかりとこなして「いいところを見せたい」のです。
しかし人間と言うのは面白いもので、失敗したくないと思えば思うほど失敗してしまう....

最近では出来ちゃった婚が実に多くなっています。
その比率たるや、結婚する全カップルのうち3分の1。3組に1組は結婚式をしている時、すでに新婦のお腹には赤ちゃんが宿っていることになります。これだけ出来ちゃった婚が多くなると市民権を得た感もありますが、それでもご年配の方からは理解が得られないことも多く、依然タブー視されることもあります。あるカップルが出来ちゃった婚をすることになりましたが、新婦の親族には厳格な方が多く、まだその事実が明かされていなかったそうです。結婚式スピーチを頼まれた新婦の勤務先上司。普段から可愛がってきた部下の晴れ舞台ですから素晴らしいスピーチで花嫁を立派に送り出してやろうと意気込んでいました。その上司は出来ちゃった婚であることは知っていたのですが、スピーチではそれには絶対に触れないで欲しいと依頼され、結局それには触れずに立派なスピーチを組み立てました。スピーチは上々にまとまり、場内は盛り上がっているのかと思いきや、新婦側の親族は顔を真っ赤にして怒っているではありませんか。他の列席者からも「へぇ~そうなの」という囁き声も聞こえます。おかしいなと思った彼が「俺何か変なこと言ったか?」と新郎・新婦に尋ねると、何と彼はスピーチで「新婦」というべきところを全て「妊婦」と言っていたそうです。

最近では小道具を使ったスピーチをする人が多く見られます。思い出の写真などをプロジェクターで映写しながら話していくというのも、うまくいくと面白いので採用される人が多いようです。確かに面白いですね、うまくいけば。

プロジェクターを使ったスピーチでよくある失敗が、「映写がうまくいかない」ことです。
このような小道具を使ったスピーチは小道具がちゃんと機能して初めて成り立つものなので、プロジェクターに接続したパソコンがうまく動作しないために冷や汗をかいて慌てているシーンがよく見られます。結婚式場からのアドバイスとしては、このような場合は出来るだけ簡単な設備で出来るものにしたほうが初歩的なトラブルのリスクが少ないそうです。例えばパソコンで表示するのではなく、ビデオテープに録画して再生する、などです。

カスタム検索


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち 結婚式のスピーチカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは結婚式のスピーチの基本です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。