結婚式のスピーチで手紙を朗読

結婚式のスピーチでは手紙を朗読することもあります。

これには色々なシチュエーションが考えられるのですが、
その中でも最も定番なのが新婦から両親への手紙でしょう。

厳密に言うとこれは結婚式のスピーチではありません。

人前で喋るということには変わりありませんが、そこに居る全ての人に対して話しているスピーチと違って、手紙の場合は宛先がはっきりしています。新婦から両親への手紙という場合は新婦から見て自分の両親に向けて語りかけていることになります。

この新婦の手紙、結婚式の式次第では最後に設けられていることが大半で、要するに感動のクライマックスです。筆者も自分自身とはそれほど深い関わりのない人の結婚式に行った際でもこのシーンには感動させられます。こういう時に男性は弱いようで、当の本人たちを見ていると新婦の母親よりも父親が号泣しているシーンをよく目にします。

そんな感動的な手紙について、晴れの舞台なのでぜひ書きたいがうまくいかないという人も多いようです。そこで、ここでは感動的なシーンに大切な新婦からの手紙の書き方をご紹介します。
手紙を書く主旨はおおむね決まっています。これから新しい家族のもとに嫁に行く自分を今日まで育ててくれてありがとうという謝辞、そしてこの日に至るまでにあった父・母それぞれとの思い出、新生活に向けての決意、最後にもう一度感謝の言葉。それだけだと本当に両親に宛てた手紙になってしまうので、そこに出席者に対する謝辞や日頃お世話になっている人々への謝辞...といったところでしょうか。これらの骨格に具体的な話を当てはめていくと良い手紙になると思います。

文章量については便せん2枚くらい、読み上げる時間としては2分半~3分くらいが妥当だと言われています。というのも、新婦から両親への手紙を読むタイミングは結婚式もクライマックスを過ぎて終了に向かっている時です。あまり長いと出席者の人々が飽きてしまい、「長いなぁ」と思わせてしまいます。せっかく感動的なシーンなのにあくびが出るようなシーンになってしまっては感動が半減してしまいます。ここは感動を演出する大切なシーンですから注意したいものです。

先ほど手紙を読み上げられた側が泣いてしまうと申し上げましたが、読んでいるほうもなかなか冷静ではいられません。読んでる人が泣いてしまってはその先が続かないので司会者に同じ文面を渡しておいて続きを頼むか、簡潔な文面だけ読み上げて本当に言いたいことは別途手紙を渡すという方法もよくあります。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 結婚式のスピーチで手紙を朗読

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://wedding-speech.infoippo.com/mt41/mt-tb.cgi/474

コメントする

カスタム検索


このブログ記事について

このページは、 ippoが2008年1月31日 08:17 に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結婚式スピーチの基本」です。

次のブログ記事は「結婚式スピーチの話し始め」です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。