結婚式スピーチを頼まれた!

人前で話すことに慣れている人や人前で話すことが好きな人は、
誰かにスピーチを頼まれても「よし!何を話そうかな?」とワクワクするものです。

そんな人にとっては結婚式スピーチも何ら苦になるものでもなく、
事前にちょっとネタを整理するだけでスラスラと話せると思います。

しかもそんな人は話し方が上手なので場の雰囲気を盛り上げたりすることもお手の物です。

今これを読んでいる方は結婚式スピーチを頼まれてしまったものの、
さてどうしようと思っている方がほとんどだと思います。

出来ることなら結婚式スピーチなんて頼んで欲しくなかった、と思っている方も居られるかも知れませんね。
人前でスピーチをする機会というのはたくさんあります。ですが今回は他ならぬ結婚式スピーチです。これが実に厄介で、自分のことを話したり、自社の製品についてのプレゼンテーションをするのとは訳が違います。主役は自分や自社製品ではなく、新郎・新婦なのです。自分はそんな二人の晴れ舞台に花を添える大役を託されたのですから、自ずとプレッシャーがかかります。結婚式には触れてはいけないタブーのような「NGワード」があります。そういった言葉を間違って言ってしまわないか、他の人とスピーチが重複してしまわないか、どこかの文例集で見た話なので退屈がられないだろうか...結婚式スピーチに関する心配は尽きません。しかもスピーチを頼んできた人にしてみれば、あなたのことを社会的に目上の人として認めてくれているのですから、その期待にしっかり応えていいところを見せたいという思いもあります。

古い故事から引用した気の利いた言い回しや、知性を感じさせる四字熟語などを織り交ぜてカッコ良く決めたいという思いも当然あることでしょう。ですがまず最初に結論から申し上げますと、そんな小手先のテクニックは必要ありません。要はそのスピーチをしている人が新郎・新婦に対してどんな思いを持っているのか。それだけが伝われば結婚式スピーチは成功なのです。そんな心のこもった結婚式スピーチを緊張することなく自分の言葉で語る方法について、この先詳しくお話したいと思います。これでもう文例の丸暗記も必要ありませんし、他の人との重複を心配する必要もありません。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 結婚式スピーチを頼まれた!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://wedding-speech.infoippo.com/mt41/mt-tb.cgi/466

コメントする

カスタム検索


このブログ記事について

このページは、 ippoが2007年10月15日 22:27 に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「結婚式のスピーチで出席者を感動させたい!」です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。