結婚式のスピーチの基本の最近のブログ記事



結婚式スピーチの基本

結婚式スピーチの基本とは?

言うまでもなく、お祝いの席なので新郎・新婦に対してお祝いの言葉を伝えてあげることです。

また、そこに出席している人々に対して自分のようにお祝いに駆けつけた人間がいるということを伝えることでもあります。

そのため、結婚式スピーチを頼まれる人というのは、自ずと話の上手い下手に関わらず社会的な地位のある人になるわけです。こんなに社会的地位のある人が新郎・新婦のために駆けつけてくれたということでハクが付きますから。
話が少しそれました。それではまず、結婚式スピーチの基本である、スピーチ時間はどれくらいが適切なのでしょうか。これについては諸説ありますが、長いほど値打ちがあるという考え方は賛成出来ません。結婚式スピーチは誰がするのか、ということだけに価値があった時代はそれでも良かったかも知れませんが、今は違います。結婚式スピーチは形式的なものから、どんな話をするかという中身の時代になっているからです。そこで、少し短めに1分半から長くても3分まで、これくらいにまとめるのが聞いている人にとって最も快適なのではないかと思います。どんなに面白く中身のある話を上手くしたとしても、長すぎて飽きてしまったらどうにもなりませんからね。
スピーチそのものに入る前に、次は発声や姿勢、そして表情です。結婚式はお祝い事なのですから、とにかく明るく前向きな印象を与えることが大切です。比較対象にはなりませんが、選挙に出馬している候補者は街頭演説で非常に力強く話します。その人に任せたいと思わせる必要があるのですから、自信無さそうに話すことは有り得ません。これと同じようにお祝いの席を明るく楽しく演出する話し方が求められるのです。
姿勢は背筋を伸ばしてしっかりと前を見据えます。聴衆の目がありますから、自信がないとどうしてもうつむいたり猫背になってしまったりします。猫背になると声もはっきりと出なくなるので、見た目にも声を聞いても自信が無さそうに見えます。
そして表情。明るい表情ということでずっと笑っている必要はありませんが、新郎・新婦どちらか若しくは双方の知り合いなわけですから時折新郎・新婦に語りかけるような表情を心がけると日頃からの信頼関係が伝わりますので、聞いている人にとっては非常に暖かみがあります。
マニュアル本などにこれはしてはいけない、こうしないといけない、との記述があれこれとありますが、あまりに決まりごとが多いとやりにくいですね。ここにお話したことだけなら必要最小限なので、これだけ心がけていれば充分です。

カスタム検索


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち 結婚式のスピーチの基本カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは結婚式のスピーチです。

次のカテゴリは結婚式のスピーチ例です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。